くにろく 居酒屋探訪記

飲み&食べ歩きメモ

熟成肉 夢は正夢 サマーソニック2018


サマーソニック2018に来ています。プラチナチケットには特典があって、専用のラウンジやクロークを使うことができる。これがすごく快適。お目当てのノエルギャラガーの出番は夜。それまではステージを見たりラウンジでビールを飲んだりして自由に過ごすことにした。
写真は熟成肉の「夢は正夢」の「熟成ハラミステーキ丼」。ガーリックバター、甘辛ダレ、みぞれおろしの3種類あったが、甘辛ダレにした。サマソニのビールはプレミアムモルツ。熟成肉にピッタリだ。

近江うし 焼肉 にくTATSU 青山本店


サントリーさんのお誘いで「近江うし 焼肉 にくTATSU 青山本店」に行ってきた。「焼肉 にくTATSU」は、日本三大和牛の「近江うし」専門の焼肉店。
近江うしは「鈴鹿山系の地下水」と「焚き餌」による昔ながらのやり方で育てた牛。近江うし専門の焼肉店はたぶん他にはないと思うが、コースで5,500円からとリーズナブルな価格設定になっている。
近江うしは正肉は肉肉しくジューシーで、霜降りは脂がサッパリとした美味しい肉だった。サントリーを代表する焼肉の「焼き師」の方がすべて焼いてくれたので、特別贅沢な時間になった。

イトゥバル 渋谷


昨日はいつもサントリーさんのイベントでご一緒しているブロガーさんたちと渋谷の「イトゥバル」に行ってきた。イトゥバルは伊東市直送の魚とワインの店。だから「イトゥ」バルというそうだ。
伊東の魚がうりということで、当然魚はうまいのだが、僕が気に入ったのは白ワインだった。うまい魚で白ワインが飲めるバルというのも意外と少ないものだ。
写真は1番人気の「刺身盛合せ」。朝港で仕入れたその日一番おいしい魚を盛合せにしてくれる。一番コスパの高いおすすめのメニューだ。
「JAあいら伊豆」直送のフルーツを使ったサングリアや特製「生絞り」イトゥバルサワーも美味しかった。渋谷にしては静かなところにあるのだが、店内はほぼ満席ですごく活気のある店だった。

台湾茶屋 那覇

f:id:kuniroku:20180227225346j:plain

那覇の街をずっと歩いて移動した。目的地は裏路地を抜けたところにある「台湾茶屋」だ。裏路地は僕らのイメージする観光地の沖縄ではなく、アジアっぽい雰囲気。台湾茶屋は地元の人以外はあまり来ないであろう場所にあるのだが、一時期雑誌等にも取り上げられた有名店だ。
高級茶だから安くはないのだが、人数分注文すると、1つで大丈夫だという。結局3人で6回分くらい飲むことができた。湯をかけ回してお茶を入れる作法を眺めながら、まったりとお茶を飲む。ゆっくりとした時間を過ごすことができた。

IVY PLACE 代官山


友達4人で代官山の「IVY PLACE 」に行った。元は女子会だったので、オシャレなイタリアンだが、クラフトビールがあるというので僕も参加させてもらうことにした。
クラフトビールはMサイズが900円台。料理は代官山だからなのか、ちょっと割高感があるが、そこはオシャレなイタリアンらしく、見た目には気を遣っていた。
写真の肉は、これで3,500円くらいする。さすが代官山だなあ。焼き加減は聞かれなかったが、ミディアムレアくらいの感じだった。

ラーメン荘 夢を語れ 白山


僕は「ラーメン 富士丸」が昔から大好きで、よく行ったのは神谷本店と板橋南町店だった。西新井大師店には数回しか行ってないが、そこの店長だった人が京都に帰って作ったのが一乗寺の「ラーメン荘 夢を語れ」。わざわざ京都まで食べに行ったのが、なんともう11年も前のこと。時の流れるのは早いものだ。
ラーメン荘はその後いくつも支店を出して、「地球規模で考えろ」とか、「歴史を刻め」、「おもしろい方へ」など、面白い店名を付けている。ボストンとか北京にも出店していて、この白山はボストンの系列だそうだ。看板に「Yume Wo Katare Tokyo」とあるのはそういうことなのか。
メニューは、「ラーメン」750円、「豚ラーメン」950円、「生玉子」100円、「麺増し」100円、「黒烏龍茶」180円。ラーメン二郎に通っていた僕からすると、要を得た券売機。「なにも足さない、なにも引かない」みたいな凄みを感じる。
豚ラーメンをアブラ増しで注文。京都に行って、アメリカに渡って、東京に戻ってきたラーメンは、やっぱり富士丸だった。富士丸本店ほどではないものの、少しずつ行列ができはじめている。
※いつも誰かが「すみませんが席を移動してください」と言われて荷物を持って移動したりしている。そういうのが嫌な人にはお勧めしません。

ジャッキー ステーキハウス 那覇

f:id:kuniroku:20180227225113j:plain

那覇に移動して「ジャッキーステーキハウス」に入った。那覇にはかなりの数のステーキハウスがある。ジャッキーステーキハウスは戦後間もない1953年の創業。那覇を代表する老舗でありながら、高級化もせず、いまだ大衆食堂的な雰囲気を保っている。

焼き加減はミディアムでお願いした。肉はしっかりとした赤身。硬くはないが柔らか過ぎもしない。この店は雰囲気のいい店だ。まるで大衆居酒屋のような感じだが、店員さんが気が利いていて、とてもサービスがいい。何より「まだ来たい」と思わせる何かがあるというのはいいものですね。