読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くにろく 居酒屋探訪記

飲み&食べ歩きメモ

ザ・プレミアム・モルツ フェスティバル 六本木ヒルズ


六本木ヒルズで開催中の「ザ・プレミアム・モルツ フェスティバル」に行ってきた。このイベントは新しいザ・プレミアム・モルツのうまさを多くの人たちに楽しんでもらうためのイベント。工場直送のザ・プレミアム・モルツを1杯100円で飲むことができるビアスタンドなども用意されている。
六本木ヒルズ各所で行われているイベントだが、僕らは大屋根プラザという、ガラス屋根の半屋外オープンスペースの会場で飲むことにした。工場直送のザ・プレミアム・モルツなど4種のプレモル樽生を飲むことができる。
限定醸造のプレミアム・モルツの「黒」と、最近かなり人気が出ている「香るエール」を飲んだ。会場は大勢の人で賑わっていて、ビアガーデンみたいな楽しさがある。イベントは5月6日(土)までやっているそうだ。
ザ・プレミアム・モルツ フェスティバル

常識破りで予想外、驚きの濃い旨ワイン「ダークホース」の説明会【速報】


タイトル通りのワイン。資料を見て驚いたのは、生産者の女性の個性がすごいこと。ビジュアルがすごい。。かなり型破りな人だそうで、独自の発想で、たった一年で「ダークホース」を100万ケースを売ったそうな。いろんな意味で濃いワインだ。

キッチンABC 南大塚店


久々に大塚のキッチンABCに来てみた。学生時代によく食べたようなボリュームのある洋食が時々食べたくなる。キッチンABCは揚げ物などなんでもうまくてカロリーが高いのだが、いちおう名物はブラックカレー。「チキンカツカレー」730円を注文。「オムライスと黒カレーはスープ付」というから何だろうと思ったら、この日は豚汁だった。ビールは瓶ビール。確実に太ったなと思える食事だった。

ホテルユニゾ銀座七丁目 朝食


珍しく平日の朝食を探していて、ホテルユニゾ銀座の「GOURMAND GRILL & CAFE GINZA(グルマングリル&カフェギンザ)」に入った。ここは宇田川カフェのグループの一つ。「スペシャルなホテル朝食を提供するレストラン」というコンセプトらしい。
「モーニングビュッフェ」1,600円。内容は普通のホテルの朝食だが、平日だからか人が少なくて居心地がいい。窓際には外国人のカップルと子連れの家族。奥の方には一人で食事をしている男性と女性。男性は仕事をしているようだ。
ビュッフェには小さなラーメンが用意されていた。最近ホテルでラーメンを出すのが少し流行っているようだが、自分で作るのはなかなか楽しい。思わず長居をしてたくさん食べてしまった。

やきそばー HIT 巣鴨


前身がバーの焼きそば屋なので、やきそばー。実家のバーを2代目が今の店にしたらしい。巣鴨で飲んで帰るときに、シメと飲みを兼ねて時々寄って帰る。
「和風醤油らーめん」600円を注文。以前は太麺だったが、かなり細麺になった。麺は2日かけて仕込む手打ちで、注文を受けてからパスタマシンで切り出す。3時間も手でコネるというが、今でもそうなのだろうか。
ご主人お一人でやっているので、回転はよくない。それでもこの日も満席で、みんなお酒を飲んだりお喋りしたりしながら、らーめんや焼きそばができるのを待っている。急いでいる時にはオススメできないが、のんびり過ごすにはなかなかいい店だ。

中華 成光 ラーメン 神保町


遠くからでも目に飛び込んでくる昭和な店構え。古き良き町の中華屋風でありつつ、清潔感も感じる外観。半チャンラーメンで有名な「中華 成光」にやってきた。
店に入ると、ご主人が常連さんだか近所の人だかとテレビを見ながら話をしている。とりあえず「ラーメン」530円を注文。今どき530円は安い。
ラーメンの見た目はかなり洗練された昭和風。まさに昔ながらのラーメンだ。ホウレン草とメンマ、ネギ、チャーシューが載っているシンプルな構成。チャーシューの切り方は様式美を感じさせる美しさがある。麺は柔めだが、スープと合っていていい感じ。麺を食べてスープを飲んで、麺を食べてスープを飲む。その単純な繰り返しで、あっという間に食べ終えてしまった。
次回は餃子やチャーハンで飲んでみよう。壁に貼られたメニューはかなりの種類がある。その時の気分で飲みながら注文するのも面白そうだ。
帰る時までご主人と常連さんのお喋りはずっと続いていた。このお喋りはBGMのようなものだ。お客さんが帰るときに「ありがとうございました」と言ったり言わなかったり。なんか緩い感じでいい店だった。

串カツ田中 大塚店


串カツ田中は2008年に世田谷に一号店をオープンして今年で10年になる。創業の地は東京だが、先代が大阪の西成ということで、大阪伝統の味を引き継いでいるとのことだ。全国に店舗展開しているが、東京だけでも80軒くらいある。大塚店にはオープン当初に来たことがある。チェーン店の串カツを食べ比べる個人的な企画?のために再訪してみた。いろんな店を回っている人が、「他の串カツチェーン店よりも美味しい」と言っていたからだ。
「盛り合わせ(5品盛り)」640円を注文。アスパラ、串カツ牛、串カツ豚、レンコン、玉ねぎの5本のセットだ。盛り合わせはすぐに出てくるし、代表的なものが入っていたりするので、初めての店などではよく注文する。噂どおり串カツは美味しかった。安い店にありがちな油でべっとりすることもなく、軽く揚がっている。ソースも僕好みだ。
お酒もかなりいい感じだ。生ビールはプレモルだし、今一番注目のジムビームハイボールも置いてある。「ビームハイボール」は350円と安く、「チンチロリンハイボール」という面白い企画まである。サイコロを振ってゾロ目が出たら、ジムビームハイボールが一杯無料。出た目の合計が偶数だと、一杯半額。奇数だと、「メガビームハイボール」700円を飲まないといけないペナルティになる。メガビームハイボールは普通のハイボールの倍量だから、350円の2倍で700円。特に損をするわけではないが、見た目がデカイので、罰ゲームで飲まされている感はある。
すごくいいなと思ったのは、最初の生ビールが数秒で出て来たこと。実に気持ちのいい店だ。それと、ホッピーの中を頼んだら、毎回ジョッキの半分以上入れてくれる。チェーン店巡りをしていて学んだのは、こんな小さなことが一番大切なことで、意外とできていない店が多いということだ。