読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くにろく 居酒屋探訪記

飲み&食べ歩きメモ

丼太郎 牛丼 茗荷谷


2013年に倒産した「牛丼太郎」。都内だけの小規模なチェーン店ながら、大手との熾烈な低価格競争を繰り広げた伝説の牛丼チェーンだ。
倒産後、代々木店と茗荷谷店は有志により引き継がれ、今では茗荷谷店のみが残る。元々コアなファンが多かっただけに、牛丼太郎の味を求めて通うファンも多い。
店名は「丼(どんぶり)太郎」と変えたが、看板は牛丼太郎の「牛」のところにテープを貼って隠しているだけ。このへんもお金をかけない牛丼太郎らしさかも知れない。
写真は、牛丼(並)290円。牛丼太郎時代には確か200円にまで値段が下がったと思う。これで味噌汁がついているのは良心的だ。玉ねぎを二つちょこんとのせるのも微笑ましい様式美だと思う。